ダイエット・美容・健康・恋愛・その他の悩みを解決しよう!!

ダイエット・美容・健康・恋愛・その他の悩み関連を記事にしました。

痔に使われる内服薬

痔の薬は、ドラッグストアなどで処方箋なしで買える一般薬も多く販売されています。

症状が軽い早期の場合は、市販のものでも治癒できる可能性があるでしょう。
 

患部に直接使う塗り薬や座薬などの外用薬と、内服薬がありますが、主流となるのは外用薬のほうです。

 

>>>続きを読む

 

ダイエットを成功させる心の持ち方

ダイエットに成功できる人と失敗する人の違いとは、何なのでしょうか?

痩せやすいかどうか、といった体質的な問題はほとんど関係ないといわれています。

大切なのは、むしろメンタルな部分といえそうです。

逆にいえば、心の持ち方を変えることでダイエット成功の確率は上がるでしょう。

 

>>>続きを読む

 

 

つぶやき・宣伝募集!!

twitter・ブログであなたの広めたい情報や紹介、告知などをつぶやき、掲載します。
希望の方はこちらからお知らせください。

 

 

ふとももをダイエット

体で気になる部分と言えばお腹とお尻、それから太ももです。

「プニプニの脂肪をなんとかしたい!」

と思うものの、ダイエットで太ももを細くするのはなかなか大変です。

太ももを細くできる効果的なダイエット法ってないのでしょうか?

 

>>>続きを読む

緑内障点眼薬の副作用

緑内障の治療に使う目薬には、副作用が比較的多いことで知られています。

しかも効果によっては2~3種類を併用するため、不安も大きいでしょう。
 

しかし多くの場合、重篤な副作用でない限りは効果のほうを重視し、ある程度我慢して使い続ける必要があります。

 

>>>続きを読む

 

緑内障の原因

緑内障を厳密に定義すると、「視神経の変化と、視野の特徴的な変化があり、眼圧を下げることによって進行を防げる病気」です。

つまり眼圧の上昇が主な原因とされています。
 

ただし眼圧は正常値であるにもかかわらず、緑内障の症状がある人も多いため、最近では血流の悪さなども一因ではないかと考えられています。
 

>>>続きを読む

 

正しいケアをして「ニキビができにくい鼻」を作りましょう。

鼻はただでさえニキビができやすい上に、ニキビ跡ができると目立ってしまうため早急に手を打ちたいものです。

正しいケアをして「ニキビができにくい鼻」を作りましょう。

 

>>>続きを読む

 

背中ニキビの原因ごとの対処法

「結婚式やパーティで、背中の開いたきれいなドレスを着たい」 「夏は水着を楽しみたい」 そんな気持ちを一気にトーンダウンさせるのが、背中ニキビです。
 

普段目が届かないだけに、いざという時に気づくとブルーになってしまいます。
 

背中ニキビを効果的に消す方法をご紹介しましょう。

 

>>>続きを読む

 

頭皮から根本的に改善する

薄毛治療の中でも、もっとも自然な方法といえるのが「育毛」です。

現在残っている髪の毛を健康に保ち、寿命を迎える前に抜けないよう強くすることを目的におこなわれます。

 

>>>続きを読む

 

 

AGAとは何か?

薄毛は、今や専門的に治療すべきもの、というのが主流の考え方です。

男性の脱毛の多くはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状で、日本全国でおよそ3人に1人の成人男性が、何らかの悩みを抱えているといわれます。
 

薄毛に効果的なさまざまな薬や治療法も確立されてきていますので、1人で悩まずにぜひ相談してみましょう。

 

>>>続きを読む

 

痔の止まらない出血には注意!

痔の代表的な症状の1つが出血です。

おもに排便時にみられ、場合によっては便器が赤く染まるほど大量にみられることもあります。
 

ただし出血や血便は、大腸がんの初期症状でもあります。

痔に慣れてしまうと、大腸がんのサインを見逃してしまう可能性もあるため、それぞれの出血の特徴を知っておきましょう。

 

>>>続きを読む

 

乱視・近視でも楽しめる?カラーコンタクト

若い女性に大人気のアイテムが、カラーコンタクトです。

今では目の色を変えるというよりも、デカ目効果を演出する意味合いが強く、パッチリとした瞳を作るために欠かせないものとなっています。
 

カラコンにも乱視に対応しているものが多数出ていますので、視力を矯正しながらお洒落を楽しむことができます。

 

>>>続きを読む

 

乱視用メガネを作る時の注意事項

乱視を矯正するものといえば、もっともベーシックなのがメガネです。

手軽ですし、安全性でいえば最高の矯正方法といえるでしょう。
 

最近ではファッショナブルで安価なメガネが増えていますので、普段はコンタクトの人も、時には目の休憩もかねてメガネを使ってみるのもおすすめです。

 

>>>続きを読む

 

ブラジャーでバストアップ!

バストアップには、さまざまな方法があります。
 

それぞれの悩みと、かけられる費用などによっても異なりますが、ここでは「自分でできる低コストな方法」を挙げてみましょう。

 

>>>続きを読む

 

バストアップのためのマッサージやエクササイズ

胸の成長には「ラクトゲン受容体」というものが関わっているといわれます。

一般的に、12歳から18歳ぐらいの間に乳腺の中で生産され、それに成長ホルモンの影響が合わさって、バストは大きくなるのです。
 

しかし、ラクトゲン受容体を意図的に作るのは不可能とのこと。

でも、あきらめるのはまだ早いのです。

女らしい体つきをうながす女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活用すれば、年齢に関係なく、バストはふくよかになることが分かっています。

 

>>>続きを読む

 

ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。

ほうれい線には、頬のたるみも影響しています。

頬の筋肉がたるんでくるのに加えて、それを上のほうで支える側頭部の筋肉、そして下のほうで支える口元の筋肉がすべて加齢により衰えることで、頬の筋肉をますます支えられなくなり、ほうれい線につながるようです。

顔のインナーマッスルをきたえて、ほうれい線のできにくいハリのある頬を作りましょう。

 

>>>続きを読む